PHOTOニュース

フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)


心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)

>>過去記事一覧
出雲クルーズの参加者募集開始

 柏崎港から豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」で行く出雲路クルーズ4日間の旅(7月26―29日)の参加募集が16日から始まった。企画は市、柏崎商工会議所、柏崎港整備・利用促進協議会で構成する柏崎・日本海クルージング実行委員会(松村保雄実行委員長)。申し込み窓口は日通旅行はじめとする市内各旅行代理店。市や柏崎商工会議所でも取り扱う。

 豪華客船による出雲方面の旅は2回目だが、今回はぎおん柏崎まつりの大花火大会の見物が呼び物の一つ。船上で花火を見てから旅行に出発する。26日からのオプショナルツアーは1日コースが松江市内、足立美術館、鳥取砂丘など5コース。1泊2日コースは隠岐観光、瀬戸大橋・琴平の2つから選択できる。28日夜には芹洋子さんのショーやジャズバンドショー&ダンスタイム、カジノゲームなど多くの催しが楽しめる。

 旅行代金は12万8000円からロイヤル・スイートの46万8000円まで客室により8つのタイプから選べる。募集人員は550人(最少催行人員400人)。募集定員になり次第締め切る。

(2007/ 2/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。