PHOTOニュース

ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)


科学や文化面から楽しむ秋季企画展「見る月 行く月」=市立博物館 (2021/10/15)

>>過去記事一覧
交通安全運動期間中の管内事故増える

 9月21日から30日までの秋の全国交通安全運動期間中、柏崎署管内の人身交通事故は前年より1件多い12件、負傷者は4人増の15人だった。死亡事故はなかった。物損事故も21件増の52件で、全体に事故が増加した。

 期間中、県内での人身事故は328件(前年比37件減)、死者4人(1人減)、負傷者407人(40人減)のトリプル減だった。柏崎管内は、管内在住者がかかわる事故が11件と9割以上を占め、県平均67.7%を大きく上回った。高齢者事故は前年の3件から5件に増えた。

 物損事故の管内発生場所は市道19件、国道14件など。中でも駐車場が昨年の4件から14件に増えており、柏崎署では「後方などの安全確認が不十分だったものが多い」とし、「震災疲れの影響もないとはいえないが、運転前にはゆとりを持って」と呼び掛けている。

(2007/10/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。