PHOTOニュース

感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)


3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)

>>過去記事一覧
セーリングで富沢選手が五輪へ

 セーリングRSX級で市内出身の富沢慎選手(23)=柏工―関東学院大卒、関東自動車工業=が北京五輪日本代表に内定した。ニュージーランドで19日まで行われたRSX級世界選手権で日本選手最上位に入ったことを受け、日本セーリング連盟が同日発表した。柏崎からの五輪選手は20年ぶり5人目だ。

 世界選手権には男子44カ国・116艇が出場。日本からは富沢選手ら男子代表候補4選手が出場した。富沢選手は日本人最高位の総合18位で五輪への切符をつかんだ。予選、決勝の10レースを戦い、2位、5位と大健闘するレースも演じ、本番でのメダル獲得のチャンスもうかがわせた。

 富沢選手は小学二年から父親の仁さんにウインドサーフィンを習い始めた。高校1年の時、江ノ島で行われたユースセーリングチャンピオンシップで優勝し、シドニーで開かれた世界ユース大会へ。大学1年で全日本大学選手権(インカレ)最年少優勝。その後も優勝を重ねたが、4連覇のかかった一昨年は出場を辞退し、RSX級が導入される北京五輪に照準を絞った。昨年9月の北京五輪プレ大会で、日本人トップの10位に入った。

(2008/ 1/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。