PHOTOニュース

青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)


原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)

>>過去記事一覧
耐震診断の中間報告で市本庁舎を補強か改築かで検討

 市は21日、市政に関する市議会への報告会を開き、市役所本庁舎の耐震診断の中間報告を行った。最終報告を見て判断する必要があるとしているものの、安全性確保のため耐震補強をするか、改築するかを総合的に検証していきたいとした。

 本庁舎は建築後39年を経過した旧耐震設計の建物。阪神・淡路大震災を契機に、1995年に耐震診断を行い、A・B・CランクのBランク(補強することが望ましい)という評価だった。その後、2004年の中越地震の影響を受けたことから、防災拠点としての機能を維持できるかどうかの耐震診断を予定し、07年度当初予算に経費を計上した。調査を実施する前に中越沖地震の揺れを受けたため、地震後の昨年12月に耐震診断を行った。

(2008/ 1/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。