PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
柏崎原発で耐震補強工事を公開

 東京電力は10日、中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発で先月から始まっている耐震補強工事の施工個所を報道陣に公開した。

 工事は点検・評価が先行する7号機と6号機で着手しており、公開されたのは7号機原子炉建屋内の非常用設備のモーターなどを冷やす原子炉補機冷却系配管の支持部。従来、直径約30センチの管をコの字型・垂直の鋼材で固定していたが、これを斜めで支える部分を追加し、揺れの力を一層抑えられるようにした。

 東電は5月に見直した耐震設計用の想定地震動(基準地震動)に基づき、全7基とも原子炉建屋基礎部分で1000ガルの揺れに耐えられるような耐震補強を行う。今のところ重要配管のほか、原子炉建屋の屋根、排気筒が対象。7号機ではすでに配管四カ所を施工し、来週から建屋屋根の工事にも入る。

(2008/ 7/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。