PHOTOニュース

3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)


人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)

>>過去記事一覧
石地海岸で2年ぶり花火

 市内西山町の石地海岸で6日、中越沖地震からの復興を願って2年ぶりの花火大会(西山町花火大会実行委員会主催)が行われ、スターマインなど約1500発が海空を彩った。

 石地の花火は37回目。旧西山町が柏崎市と合併した2005年に休止したが、町外篤志家の大口寄付から実行委(加藤武男委員長)が翌年復活させ、昨年は中越沖地震で中止した。打ち上げ開始前、砂浜で新潟産大の中国・内モンゴル自治区の留学生3人が馬頭琴演奏と歌、踊りを、地元のよさこいチーム「西山舞(おど)らんかい」が2曲を披露した。

(2008/ 8/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。