PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
第2次成人式、震災復興への元気も

 市は12日、80歳を迎えた人たちをお祝いする第2次成人式を市総合体育館で開いた。昨年は中越沖地震で中止になり、2年ぶり。従来の会場の市民会館が被災し、同体育館では初めて。夫婦11組を含む479人が集まり、和やかな笑顔と震災復興に向けた元気が会場にあふれた。

 この行事は60歳の還暦から20年目に当たる80歳の人を対象に、長い人生を社会のために尽くした労苦をねぎらって祝う。元市老人クラブ連合会長の故斉藤源治さんの提案をきっかけに1965年から始まり、44回目。

 今年の該当者は市内に住所のある1928(昭和3)年4月2日から1929(昭和4)年4月1日生まれ。男性が415人、女性が601人の合わせて1016人。12日はこのうち、男性209人、女性270人が出席した。

 式では会田市長が「この式を大きなステップとして趣味、生きがいを持ち、いつまでも元気で長生きしてほしい。柏崎は中越沖地震からの復旧・復興の途上。皆様が築いた柏崎を1日も元のように立派なまちに復興するため力を合わせて頑張りたい」と述べた。自身も対象者の山岸礼太郎・市老人クラブ連合会長は「出会い、ふれあい、助け合い」の言葉で激励した。

(2008/ 9/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。