PHOTOニュース

地元住民の畑で、自生のシソを摘み取らせてもらう参加者=6日、市内高 柳町石黒 (2024/07/13)


中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)

>>過去記事一覧
鵜川ダム建設で岩盤までの土砂掘削

 市内清水谷・女谷地内で進められている鵜川治水ダム建設事業は今年度、堤体を築く基礎となる岩盤を露出させるための土砂掘削が進められている。搬出土砂は約48万立方メートルで、このうち今年度は約8万立方メートルを予定。16日には地元鵜川地区の住民を対象にした工事見学会が開かれ、参加した人たちは大きく変ぼうした川と谷の様子を見て回った。

 鵜川ダムは大雨の際、1秒間に110立方メートルの洪水調整を行い、下流の被害軽減を図る。堤長267メートル、堤高55メートルのロックフィルダムで、総貯水量は470万立方メートル。、洪水調整容量は318万立方メートル。1970年に予備調査が始まり、81年に事業採択。地権者との協議や合意などを経て、県が2004年3月に本体工事を発注。まず鵜川の流れを切り替える仮排水トンネルを掘削し、昨年12月に転流式が行われている。

 基礎岩盤を露出させるための掘削は、雪解け後の今年5月から開始。かつては水が流れていた場所に、土砂搬出用の道路を設置。現在は10トンダンプカーが主力だが、今後は20トン、32トンのダンプも走ることから、幅は地元国道353号の2倍にあたる12メートルだ。現行の予算配分ペースでは3年がかりの工事になりそうだという。

(2008/10/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。