PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
観レク公社の施設利用が2年前の74%

 市観光レクリエーション振興公社(棚橋二三男理事長)は21日、産文会館で理事会・評議員会を開き、2008年度上半期(4月―9月)の受託管理施設利用状況について説明した。全体の利用人数は43万6000人で、中越沖地震に遭った前年度と比べ107.6%と伸びたものの、前々年度比では74.5%にとどまったことが分かった。

 これは、総合体育館やアクアパーク、博物館、陸上競技場などの主要施設が震災の被害を受け、上期前半を休館せざるをえなかったことなどが主な要因。一部テニスコート、佐藤池第2野球場などは仮設住宅の設置で現在も利用休止中だ。飯塚邸も被害が大きく、再開のめどが立っていない。

 観光関係施設では、こどもの時代館が今年5月にリニューアルオープンしたが、6月からのガソリン価格上昇で客足に影響し、前々年度比では86.4%。ただ、本年度目標としている年間2万5000人は達成できる見通しだ。

(2008/10/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。