PHOTOニュース

3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)


人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)

>>過去記事一覧
刈羽村長選が告示、現職が届け出

 任期満了に伴う刈羽村長選が11日告示された。同日正午現在、3選を目指す現職で無所属の品田宏夫氏(51)以外、立候補の届け出はなく、無投票の公算が強まっている。

 村政の課題は、2度にわたる震災からの復興、市町村合併で当面の自立を決めた村づくり、中越沖地震で被災して運転停止中の東京電力柏崎刈羽原発の再開問題、PLANT―5閉店後の商業施設の誘致など。立候補の受け付けは午前8時半から村役場3階の大会議室で行われた。

(2008/11/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。