PHOTOニュース

感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)


3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)

>>過去記事一覧
めぐみさん拉致31年で集会

 新潟市で中学1年生だった横田めぐみさん(失跡当時13歳)が北朝鮮に拉致されてから31年になる15日、新潟市で「忘れるな拉致11・15県民集会」(県など主催)が開かれ、めぐみさんの父滋さん(76)、母早紀江さん(72)らが「命のある限り、やり尽くしたと思えるまで頑張りたい」と救出に支援を呼び掛けた。

 集会には約450人が集まり、柏崎市の若山副市長、佐渡市の高野宏一郎市長も出席した。滋さんは事件発生からの経過をたどり、「北朝鮮は再調査について何ら着手の様子がない。『同胞を救え』という世論があれば、政府はその声を背景に救出に動かざるを得ない」と訴えた。

 早紀江さんは「31年もたって、まだ助けてあげられない」と期待と失望を繰り返した道のりを振り返り、「『メリットがないから再調査をやめる』などと北朝鮮に言わせていいのか。もし自分の子どもが拉致されたらと、政府は父親の気持ちで怒ってほしい。大切に育てた命をさらって踏みつぶす国がそこにある」と声を振り絞った。

(2008/11/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。