PHOTOニュース

“豆”をまいて、悪い鬼を退治する園児たち=3日、枇杷島保育園 (2023/02/03)


作品に囲まれる新保心菜さん。農林水産大臣賞を受けた作品と同じ課題 「郷土の魅力」をはじめ、高円宮賞「海辺の風景」、内閣総理大臣賞「深 緑」などがずらりと並ぶ。中央は高円宮杯=刈羽村十日市の自宅 (2023/02/02)


柏崎など中越地区4JAが合併し、新JA「えちご中越」の名前が入った看板などに衣替えされた旧JA柏崎本店=1日午前、市内駅前1 (2023/02/01)

>>過去記事一覧
風力発電施設が落雷被害で停止

 市内青海川地内にある風力発電施設「愛称・ぶんぶんカゼラ」(協同組合・ニューエネルギーリサーチ所有)は年初めに落雷を受け、発電を停止した。年末にも雷被害で修理したばかり。

 今回は落雷と地上から伝わってきた雷の両方から大きな被害を受け、ブレード(羽根)の付け根も破損した。通常の修理では間に合わず、風力発電施設のメーカーであるデンマークのベスタス社へ専門技術員の派遣を要請した。

 発電施設が設置される通称「風の丘」は、風力発電に適しており、「ぶんぶんカゼラ」は県内トップクラスの発電実績を持つ。しかし、度重なる雷被害に関係者は「風の丘は特に雷の発生しやすい異常地帯だ」と嘆く。

 この風力施設の定格出力は480キロット。ハブの高さは35メートル。2002年2月に営業運転を開始、東北電力に売電している。

(2009/ 1/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。