PHOTOニュース

卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)


多くの行列をつくった高柳の飲食関係者が出店した「のれん街」=高柳町 高尾 (2024/02/26)

>>過去記事一覧
保安院が刈羽村議会に「起動試験へ問題なし」

 経済産業省原子力安全・保安院は16日、中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原発7号機について、事実上の運転再開にあたる起動試験について「安全上の問題はない」とする判断を刈羽村議会で説明した。

 説明会には保安院の加藤重治審議官らが出席。7号機の建屋や設備などの健全性は維持され、新たに見直した基準地震動に対しても耐震安全性は確保されると述べた。原子炉を動かす起動試験については、発電機出力の上昇に応じ各段階で確認するとし、期間は「出力100%に達するまで2週間くらい。100%に達してから通常より慎重にデータを取り、1カ月半から2カ月と見ている」とした。

(2009/ 2/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。