PHOTOニュース

在日米国大使館のブヨン・リー1等書記官(右)と蓮池薫さん(左手前)、桜井市長による会談=20日午後、市役所市長応接室 (2022/01/21)


槙原小校舎の増築工事。柱や梁に強度の高い木材が使われた=昨年11月中旬(阿部建設提供) (2022/01/20)


園児や児童生徒による絵画などが展示されている県ジュニア美術展覧会の柏崎展=19日、ソフィアセンター (2022/01/19)

>>過去記事一覧
「30年後の柏崎」シンポを16日に

 中越沖地震で東京電力柏崎刈羽原発が全号機停止したことを機に、柏崎のまちづくりの将来像を探ろうと、「30年後の柏崎を考えるシンポジウム」が16日午後1時から4時まで市民プラザ・波のホールで開かれる。社団法人・新潟県自治研究センターの主催。参加は無料だが、資料準備のため事前の申し込みを呼び掛けている。

 自治研究センターは昨年「原発の運転再開か廃炉かの議論を超えた研究」として、順次耐用年数を迎えていく原発への依存でなく、地域産業を主体にしたまちづくりを行うことなどの提言書をまとめた。シンポジウムは、この提言を広く市民にアピールし、一緒に考えてみたいと企画した。

(2009/ 5/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。