PHOTOニュース

豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)

>>過去記事一覧
文化協会が新春交歓会

 柏崎文化協会(相沢陽一会長)は20日、産文会館で新春交歓会を開いた。今年は市民総合文化誌「風のいろ」第3号の発刊祝いを兼ねたもので、来賓と会員ら合わせて150人が出席してにぎわいを見せた。同誌の表紙をデザインした柏崎出身のグラフィックデザイナー・小関資朗さんも東京から駆けつけた。

 相沢会長は「市民文化誌『風のいろ』は柏崎の文化の高い水準を示している」と評価。さらに「毎年、発刊していきたいので多くの皆さまからぜひ支援していただきたい」とあいさつ。続いて「風のいろ」の発刊の編集委員長を務めた牧岡孝副会長が「第3号とはいえ、文化協会としては創刊号になる」と述べ、編集内容と体裁を一新したことを報告した。

(2010/ 2/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。