PHOTOニュース

豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)

>>過去記事一覧
地域公共交通で夜間試験運行提案

 市地域公共交通活性化協議会(会長・会田市長)の2009年度第4回会議が25日に市役所で開かれ、夜間公共交通導入の基本的な考え方や、昨年10月に試験運行を開始した高柳町・鵜川地区公共交通の一部ダイヤ修正、協賛制度のガイドライン策定、公共交通マップ配布について審議した。

 バスや鉄道の最終便がなくなった後の夜間の公共交通についてはこれまで、市街地からの3方面への検討が行われたが、市は調査結果として「一定のまとまりがなく、バラバラの状態」とし、第1段階として「幹線の駅・バス停からさらに遠方へ」という試験運行を提案。「今年秋以降に、高柳町岡野町バス停とJR西山駅から予約制のタクシー車両を午後7時台に走らせたい。運賃は大人500円、高校生以下200円として、特に高校生の利用を呼びかけたい」とした。

 委員からは「現在でも収支が厳しい地域でさらに実施するのか」「他の地域との公平性はどうか」「将来、他の地域でも行うのか、全体をまかないきれるのか」という慎重意見が多かった。

(2010/ 2/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。