PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
市会代表質問で原発再開問題

 市議会2月定例会は1日、2010年度の市政に対する代表質問が行われ、丸山敏彦氏(整風会)が中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原発の運転再開問題で自治体側の手続きを確立すべきとただしたことに対し、会田市長は「県民・市民に分かりやすい決定プロセス、基準が求められており、県・刈羽村と協議していきたい」と述べた。

 市長は、すでに営業運転を再開した7、6号機の自治体側の対応や了解について「安全確認、再開をめぐる明確なプロセスができているとは思っていない」との見方を示し、その確立の必要性に言及したもの。

(2010/ 3/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。