PHOTOニュース

青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)


原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)

>>過去記事一覧
震災から3年、えんま市開幕

 200年以上の伝統を誇る「えんま市」が今年も14日から始まった。中越沖地震から3年となる市の初日は月曜日で平日開催。曇り空の下、色とりどりの露店のテントが並んだ。

 市露店管理委員会(事務局・市観光交流課)によると、13日現在の出店数は一般露店と瀬戸物で計529店と前年より約30店増えた。自宅前出店は1。建物を取り壊した空き地には安全フェンスが置かれた。

 地震で被災し、仮復旧中の市文化財「閻魔(えんま)堂」の今井徹郎堂守は「早いもので震災から3年。檀家(だんか)がいるわけでもなく、本格復旧にはまだ遠い」とあらためて市民、行政の支援を呼び掛けた。地元町内の有志グループはえんま通りのシンボルマークを使った風呂敷、一筆せんなどのオリジナルグッズを販売した。

(2010/ 6/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。