PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
復興と発展へ、市制70周年記念式典

 市は1日、市制施行70周年記念式典を産文会館で開いた。市内町内会長や市幹部職員、市議をはじめ、近隣と県内他市の首長・議長ら約400人が参列。70周年を祝うとともに、中越沖地震からの復興と一層の市勢発展へ決意・期待を示した。10年前の60周年記念式典は旧市民会館大ホールに約1000人を集めたが、中越沖地震で市民会館が取り壊されたことなどで今回は式典の規模を縮小し、震災復興の途上にあることを象徴する形となった。

 式辞を述べた会田市長は、石油産業から原子力発電所誘致へのまちづくり、高速交通体系の整備、高柳町・西山町との合併、度重なる災害との闘いなど柏崎の歩みを振り返った。その上で、市第4次総合計画で実現をうたった「ものづくりと技術が集積したまち」「安全で健康に暮らせるまち」「自然と文化が息づく潤いのあるまち」の都市像を挙げ、「本日を1つの節目として、復興そして新たな飛躍を遂げ、さらなる未来に向かって着実に発展していけるよう市民と力を合わせ、全力を挙げて頑張る」と述べた。

(2010/ 7/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。