PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
栃ケ原ダムでも試験放流

 市内高柳町にある農業かんがい用ダム・栃ケ原ダム(有効貯水量230万立方メートル)の試験放流が11日に行われた。毎秒1立方メートルの水を24時間流し続け、下流の藤井堰(ぜき)などでの流量変化を観察した。かんがい用ダムの試験放流は9日に西山町の後谷ダムでも実施されている。

 放流作業はダムの操作委託を受けた柏崎土地改良区(与口勝郎理事長)が行い、北陸農政局柏崎周辺農業水利事業所、市などが立ち会った。試験放流は到達時間の確認、流れる水量の変化などを記録するのが目的。今はちょうど稲が水を一番必要としている時期でもある。土地改良区では、下流の善根堰に放流水が到達するのは約8時間後、藤井堰へは10時間から12時間後と想定した。

(2010/ 8/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。