PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
ソルトスパ潮風が市に支援を要請

 市内北園町で「ソルトスパ潮風」を運営する柏崎潮風温泉(西川勉社長)はこのほど、施設・設備の老朽化が進んだことから源泉ポンプなどの修理・修繕が必要であるとして、市に対し支援の要請を行った。柏崎商工会議所と柏崎観光協会も同社が公共性の高い企業であることから、同社への支援を求め、それぞれ24日までに市に要望書を提出した。

 ソルトスパ潮風は中越沖地震以来、入館者が減少。入浴料を下げるなどの営業努力を重ねて入館者数はようやく回復したものの、売り上げは元に戻っていない状況だ。震災前は年間の売り上げが約2億4千万円あったが、震災後は2割ほどダウンし、今年に入っても目立った回復をみていない。一方、営業開始以来15年を経過して設備が老朽化しており、近年、修繕費がかさむ傾向を強めている。

(2010/ 8/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。