PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
11年産米生産目標、柏崎市は1万6465トン

 県はこのほど、2011年産主食用米の生産目標数量を、粟島浦村を除く29市町村に配分した。柏崎市は1万6465.43トンで前年より0.8%減少した。

 米の消費が伸び悩み、全国では前年より2.2%減の795万トン、本県は1.7%減の54万8380トンとなった。市町村別配分は、近年の販売実績、過去5年間の1等米比率(上位3年分)などを加味して決められるもので、柏崎市、刈羽村は過去3年間、県内トップレベルの高品質米を生産したこと、早期越路早生(わせ)やこしいぶきなど多様な品ぞろえ、売れる米づくりを推進していたことが、県平均より減少幅を小さくしたものと柏崎農協ではみる。

(2010/12/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。