PHOTOニュース

人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)


ロングラン利用者3人の作品を展示した本店ウインドー=柏崎信金 (2024/06/13)

>>過去記事一覧
知事会見「若い世代が希望持てる県政を」

 泉田知事は4日、県内ローカル紙などとの新春記者会見を行い、「今年は将来を見通せる年にしたい」と年頭の所感を述べた。「今の日本は大きな力を持っているのに国民にその自覚がない」と成長潜在能力の過小評価を指摘したほか、「新潟県は食糧生産能力や工業技術力、エネルギーの生産力に優れ、地理的な優位性も持っている」として、若い世代が希望を持てる県政を行う意欲を示した。

 また柏崎地域については、柏崎地域観光復興推進協議会が新名物にと内外に積極的にPRしている「鯛茶漬け」を高く評価した。「甘いうまみがあり、たいへんおいしい」と、食べた体験談を披露。8日から東京ドームで行われる全国どんぶり選手権にも激励と応援に駆けつけられるかどうか日程を調整中であることを明らかにした。

(2011/ 1/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。