PHOTOニュース

人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)


ロングラン利用者3人の作品を展示した本店ウインドー=柏崎信金 (2024/06/13)

>>過去記事一覧
北鯖石小・柏崎小が意見交流

 北鯖石小(高橋友子校長)の6年生36人と柏崎小(小林豊校長)の6年生69人が26日、「輝く柏崎の未来を考えよう」をテーマにした意見交流会を柏崎小で開いた。

 北鯖石小6年生は総合学習で「未来へはばたく柏崎」として柏崎の自然、歴史文化、交流の3点を学んできた。意見交流会は同校の呼び掛けに対し、「つくろう かがやき 柏崎」の学習をしてきた柏崎小が賛同して実現した。同じ中学校区でない学校が一緒に取り組んでの学習は市内では珍しい。

 この日はそれぞれの活動や取り組みを紹介し合い、さっそく5、6人のグループに分かれた。まず1人ずつが意見を発表し、メモを大洋紙に貼り付けた。その中からさらに重要と思えることをグループの考えとしてまとめ上げ、書き込んだ。

(2011/ 1/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。