PHOTOニュース

市内14会場を歌や演奏などでつないだ「音市場」。会場の一つでは、ラテ ンの響きで来場者を楽しませた=市内東本町1、バル酒場PaPiCo (2022/09/24)


市展の開幕を前に始まった応募作品の受け付け=22日午前、ソフィアセン ター (2022/09/22)


シンガポール男子代表から水球指導を受ける小中学生=20日、柏崎アクア パーク (2022/09/21)

>>過去記事一覧
市予算案、一般会計0.5%減521億円

 会田市長は16日、市の2011年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は521億円で、10年度当初額を2億6千万円(0.5%)下回った。中越沖地震の災害復旧事業債の本格償還が始まることから、市長は「引き続き厳しい予算編成だった」とする一方、「健全財政を維持しながら、震災復興や経済・雇用などの諸課題に対応した」と述べた。特別会計と企業会計を合わせた予算案総額は、企業会計が起債償還で膨らんだため、2.6%増の910億2602万2千円となった。予算案は市議会2月定例会に提案される。 

 一般会計の規模は、09年度の修正財政計画で見込んだ額より約53億円少ない。原子力発電施設等立地地域特別交付金の残り17億円が1年早く10年度に交付となったこと、文化会館アルフォーレ建設工事費の年度配分を変更したことなどが要因だ。 

 歳出は、震災復興計画と、11年度が最終年度となる第4次総合計画・前期基本計画の事業、さらに市長マニフェストの施策の実施を基本とした。特に、アルフォーレ建設事業に19億4602万円、駅前公園の防災公園への整備に3億4029万円を計上したのをはじめ、柏崎駅前地区の整備、JR線をまたぐ南北連絡歩道橋建設、えんま通りの復興支援など中心市街地の復興・再開発を重点的に予算化した。 

(2011/ 2/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。