PHOTOニュース

卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)


多くの行列をつくった高柳の飲食関係者が出店した「のれん街」=高柳町 高尾 (2024/02/26)

>>過去記事一覧
産総研が柏崎で地震動など観測へ

 会田市長は3日の定例記者会見で、独立行政法人・産業技術総合研究所(産総研)が柏崎で原子力耐震安全研究のための調査・観測を今夏以降開始することを明らかにした。中越沖地震で東京電力柏崎刈羽原発が被災したことを受け、昨年11月、新潟工科大、独立行政法人・原子力安全基盤機構(JNES)、東電が「原子力耐震・構造研究センター」を工科大に整備。市長は産総研との連携を経済産業省原子力安全・保安院に要望していた。 

 会見での説明によると、産総研の調査・観測は、JNESの柏崎耐震安全センターが行う深部地震動観測システムプロジェクトの一環として、周辺の広域地下構造を調べ、地下構造モデルを構築する基礎資料を収集することが目的。柏崎平野とその東南東約50キロ、幅約15キロに地震計を12カ所、GPS(全地球測位システム)観測装置を25カ所に設置し、観測・解析などを行うという。

(2011/ 3/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。