PHOTOニュース

市内全中学校で行われた卒業式。卒業生は思い出や希望を胸に学びやを巣立った=4日午前、南中 (2024/03/04)


卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)

>>過去記事一覧
刈羽村議会で定数12の議員発案を可決

 刈羽村議会は11日、3月定例会最終日の本会議で、議員定数14を2減の12とする議員発議の条例改正案を可決した。任期満了に伴う4月19日告示、24日投開票予定の村議選から適用される。 

 11日に上程された発議の提案者は伊藤範昭氏、賛同者は加藤幸夫氏。伊藤氏は提案理由の説明で、村と類似規模の自治体の多くは定数が10人規模だとして2人削減を求めた。反対討論で沢田正男氏は「特別委員会で(定数は現行通りと)一度結論の出ていることを、定員割れになるかも知れないからといって、この場に及んで減らすのはおかしい」と述べた。賛成討論はなかった。

(2011/ 3/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。