PHOTOニュース

卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)


多くの行列をつくった高柳の飲食関係者が出店した「のれん街」=高柳町 高尾 (2024/02/26)

>>過去記事一覧
障害者の「アトリエぽっけ」がショップ

 NPO法人トライネット(西川紀子代表理事)が4月1日から、市内東本町3に多機能型(就労継続B型・生活介護)事業所「アトリエぽっけ」のショップを開設する。旧市リサイクルステーション跡を改修し、作業室や店舗などを整えた。すでに今月初めから作業を開始しており、さらにショップの開設で、障害者の社会参加を目指す。 

 トライネットは2000年、障害者の親の会を母体にしたボランティア団体として発足。03年春、NPO法人となった。障害を持つ人が仕事を通して、社会参加を目指す場としては、昨年春、東本町1にキッチン「ぽてと」を開設したのに続き、「ぽっけ」は2カ所目。

(2011/ 3/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。