PHOTOニュース

「野田小唄」作詞者の娘・植木みわこさん(右)と、CD・映像化に協力した高橋さん (2021/11/26)


創立30周年を祝い、点灯されたイルミネーション=24日、剣野小 (2021/11/25)


絵本館サバトの蔵書類が移設された「まちから」の本棚=市内西本町3 (2021/11/24)

>>過去記事一覧
県議選一転三つどもえ戦へ

 統一地方選の県内前半戦として、県議選が1日に告示され、柏崎市刈羽郡区(定数2)では、ともに自民党現職で、8選を目指す東山英機氏(66)と、9選に挑む三富佳一氏(72)が立候補した(届け出順)。これまでは2人の無投票当選が確実と見られていたが、31日夜、柏崎刈羽原発反対地元三団体のメンバーで元刈羽村議の武本和幸氏(61)が急きょ、無所属での出馬を決めた。1日朝から届け出の準備に入っており、一転、三つどもえの選挙戦の見通しとなった。投開票日は10日。31日現在の柏崎市・刈羽村の選挙人名簿登録者数は7万9758人(男性3万9028人・女性4万730人)。 

(2011/ 4/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。