PHOTOニュース

在日米国大使館のブヨン・リー1等書記官(右)と蓮池薫さん(左手前)、桜井市長による会談=20日午後、市役所市長応接室 (2022/01/21)


槙原小校舎の増築工事。柱や梁に強度の高い木材が使われた=昨年11月中旬(阿部建設提供) (2022/01/20)


園児や児童生徒による絵画などが展示されている県ジュニア美術展覧会の柏崎展=19日、ソフィアセンター (2022/01/19)

>>過去記事一覧
来年7月から公共下水道使用料を改定

 市は公共下水道の使用料を来年7月分から値上げし、合わせて農業集落排水事業の使用料を公共下水道に統一するとともに、地区によって異なっていた受益者負担金も同一にしたいとして、28日の市議会建設企業常任委員協議会に説明した。料金改定議案は市議会12月定例会に提案する予定。安田地区などでは現行より住民の負担が大きくなるため、経過措置をとるとして理解を求めた。 

 公共下水道の使用料は2000年5月の改定以来据え置きになっていた。さらに05年の市町合併で、柏崎と西山の二つの処理区となっていることから、原価計算に基づいた使用料にし、合併で生じた格差を解消する。現在の使用料単価は1立方メートル当たり柏崎が130.7円、西山が173.5円で、これを152.6円に統一する。柏崎は一気に値上げをせず、12年7月からと14年7月から改定するという2段階の経過措置をとる。改定後でも県内20市中、柏崎市は安い方から6番目になる。 

(2011/ 9/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。