PHOTOニュース

在日米国大使館のブヨン・リー1等書記官(右)と蓮池薫さん(左手前)、桜井市長による会談=20日午後、市役所市長応接室 (2022/01/21)


槙原小校舎の増築工事。柱や梁に強度の高い木材が使われた=昨年11月中旬(阿部建設提供) (2022/01/20)


園児や児童生徒による絵画などが展示されている県ジュニア美術展覧会の柏崎展=19日、ソフィアセンター (2022/01/19)

>>過去記事一覧
県・市・刈羽村が原子力防災訓練

 東京電力柏崎刈羽原発の過酷事故発生時の対応を確認する県・市・刈羽村の原子力防災訓練が23日に行われた。福島第一原発事故が起きてからは初めてで、原子力規制委員会などの関係機関と住民を含めて約1500人が参加した。今回は福島の事故を受けて見直した地域原子力防災計画に基づき、原発から半径5キロ圏の即時避難区域(PAZ)の住民が他自治体に広域避難をする訓練を実施。また、県内全市町村に通報連絡を拡大したほか、市と刈羽村は新たに携帯電話などに事故情報の緊急速報メールを一斉送信した。

(2013/ 3/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。