PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
知事が原発ベント設備の申請前の了解求める

 東京電力が柏崎刈羽原発6、7号機の安全審査を原子力規制委員会に申請したいとしている方針を県が認めていない問題で、泉田知事は18日、同原発で設置が計画されているフィルター付きベント設備について申請前に県の事前了解が必要との考えを改めて表明した。県内ローカル紙などとの会見で質問に答えたもの。

 知事は「フィルターベントは放射能を放出する装置であり、住民の被ばくを避けるための運用と切り離しては考えられない。(放射性セシウムを)千分の1にするということがどれだけ意味を持つのかも含めて、避難計画と連動する」と述べ、「安全協定では事前了解ということになっており、東電が約束を守れる会社かどうかも重要なポイントだ」と強調した。

(2013/ 9/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。