PHOTOニュース

幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)


市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)

>>過去記事一覧
東電社長と知事が再会談

 東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働に向けた原子力規制委員会への安全審査の申請をめぐり、泉田知事と東電の広瀬直己社長との2カ月半ぶりの会談が25日、県庁で行われた。広瀬社長は「我々でない専門的知識を持ったところに安全対策をチェックしてもらい、直さなければならないものは早く直したい」として、改めて「申請を急ぐべき」との考えを表明した。過酷事故時に原子炉格納容器内の放射性物質を減らして排気を行うフィルター付きベント設備について、すでに計画しているものに加え、地下に設備を増設して耐震面での強化を図ると説明。知事は、広瀬社長が提出したフィルター付きベント設備の事前了解願の文書を受け取ったが、「お預かりします」とだけ答え、結論は示さなかった。

(2013/ 9/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。