PHOTOニュース

ノスタルジックツアーで再現された給食の時間。銀盆に懐かしい献立が並 んだ=9月30日、別俣きらら (2023/10/03)


医療センターの出前授業。被災地に派遣されるDMATの役割、専用救急 車両の説明もあった=半田小 (2023/10/02)


ボーリング調査で地層サンプルを採取する研究チーム=市内市野新田 (2023/09/30)

>>過去記事一覧
柏崎原発全基停止2年、規制委審査進まず

 東京電力柏崎刈羽原発が全7基停止してから26日で2年となった。東電は2013年9月、安全対策が先行した6、7号機について、新規制基準への適合性を確認する審査を原子力規制委員会に申請。今年1月に政府の認定を受けた新たな総合特別事業計画では、4基を7月から順次再稼働させると記載した。しかし、規制委の審査は進んでおらず、依然として再稼働の見通しは立っていない。

(2014/ 3/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。