PHOTOニュース

競りを買い手に交じって見学する地産地消イベントの参加者=25日、柏崎魚市場 (2023/03/28)


待望の完成を祝った校舎竣工記念式典。生徒代表が喜びの気持ちを込め、力強く述べた=27日午前、東中 (2023/03/27)


追悼の「音市場」2回連続開催に向け、準備を進める世話人=市内北半田1 (2023/03/25)

>>過去記事一覧
園芸振興へ稲刈り後に野菜作り

 稲刈り後の水田にもみ殻で補助的な排水路(暗きょ)を作り、ブロッコリーの苗を植える「園芸品目生産者のための排水対策研修会」がこのほど、市内藤井で行われ、農家、関係機関が新しい試みに関心を高めた。

 研修会はJA柏崎カリフラワー生産部会(徳永逸雄部会長)と柏崎地域農業振興協議会が主催した。県では水田や既存の育苗ハウスを有効活用し、初期投資の少ない中で園芸導入する「新潟スタイル園芸確立支援事業」を推進しており、この一環。

(2015/ 9/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。