PHOTOニュース

豊かな森と海を願い、桜の苗木を植樹する参加者=23日、市内谷根 (2021/10/25)


堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)


食用、毒キノコなどを展示した「再発見教室」=市立博物館 (2021/10/21)

>>過去記事一覧
綾子舞含む「風流踊」がユネスコ文化遺産登録へ

 国の文化審議会が12日開かれ、市内鵜川に伝わる国の重要無形民俗文化財・綾子舞を含む「風流踊(ふりゅうおどり)」が2021年度のユネスコ(国連教育科学文化機関)無形文化遺産への提案候補に選定された。20年度の提案が見送りになったことに伴う再提案。「風流踊」の構成は41件(23都府県、42市町村)で一つの遺産とされる。この後、3月末までに国がユネスコに提案書を提出する。審議・決定は22年11月ごろの見込みだ。

(2021/ 2/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。