PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
お盆恒例ふるさとまつり 絵あんどんなど
 ようこそ、柏崎へ−−と、お盆の夜を情緒たっぷりに過ごしてもらう恒例の「ふるさとまつり」(同実行委員会、柏崎商工会議所主催)が14・15日、旧本町4―7丁目の通りを歩行者天国にして開かれる。通りには真夏の柏崎を彩る絵あんどんが並ぶほか、地元商店街が趣向を凝らしたイベントを繰り広げる。 

 ふるさとまつりは、お盆の帰省客や海水浴客などから真夏の柏崎で、情緒豊かなひと時を楽しんでもらおうと始まり、今年で18回目。歩行者天国の会場はこれまでと同じく西本町1の西本町郵便局前から東本町2の吉川紙店前までの通りで、時間は午後7時から9時半まで。

 歩行者天国のアーケードポールに飾られる絵あんどんは中心イベントの1つで、市内・外の著名人や腕自慢の市民の俳画、水墨画、書などを作品に仕立てている。今年もすでに商工会議所には約140人から220点あまりが寄せられている。

 この中には俳優の森光子や中尾彬、歌手の三波春夫、吉幾三、落語家の春風亭柳昇ら中央で活躍する有名人の作品もそろった。当日までには昨年と同数の約250点になると見られ、希望者に入札方式のチャリティー販売が行われる。

 一方、地元商店街でも多彩なイベントが目白押し。両日とも4丁目がジャンボだるま落とし、五番街とサンセブンで各種屋台など。また14日は五番街で柏崎民謡保存会による盆踊り大会、15日にはサンセブンで津軽三味線の演奏など盛りだくさんだ。

(1998/ 8/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。