PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
柏崎署管内、昨年の万引き補導は前年より減る

 柏崎署が昨年、刑法犯、特別法犯として補導した未成年者は58人で、前年の133人より56.4%・75人の大幅な減少となった。未成年者犯罪の大半を占める万引きによる補導が前年の61人から29人に減少したことが主な理由。柏崎署では、市青少年育成市民会議など関係団体が「万引きNO!といえる柏崎」運動を展開するなど地道な取り組みが効果を上げたと見ている。

 男女別では男子が47人、女子11人。学職別では小学生4人、中学生21人、高校生23人、その他学生3人、有職少年3人、無職少年4人。市町村別では柏崎市が45人で全体の77.6%を占め、西山町4人、刈羽村と高柳町がともに1人、小国町はいなかった。また管外居住者が7人だった。

 補導状況の内容は傷害2人、窃盗41人(うち万引きは29人)、占有離脱物横領14人、その他が1人。強盗、放火、暴行、恐喝での補導はなかった。不良行為による少年補導も減少ただし、中・高校生は増える喫煙や飲酒などの不良行為で、柏崎署が昨年1年間に補導した未成年者は2,160人で、前年の2,284人に対して5.4%・124人減少した。学職別では、小学生がゼロ、中学生150人、高校生千466人、その他学生74人、有職少年204人、無職少年266人。小学生、その他学生、有職と無職少年はいずれも前年より減少し、合わせて265人少なくなったが、中学生が42人、高校生が99九人増加した。

 行為別では喫煙が最も多く1,316人、次いで深夜はいかい659人、不良交友155人、飲酒113人、暴走行為113人。前年はなかった乱暴が4人、たかりが2人いた。

(2000/ 5/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。