PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
市野新田で巨石から石割桜

 残雪の米山を望む市内市野新田の山中で、巨石の割れ目から伸びる石割桜が咲いた。近くを造林用作業道路が通るまで、ふもとの人も近年まで知らなかったヤマザクラの大木だ。

 場所は市自然休養村・米山きのこ園の西側山中。きのこ園わきの林道か1キロ近く入った標高約500メートルの地点で、市野新田と中頚柿崎町黒岩地区の境界付近。幹の周囲は1.6メートル、胸高直径は55cm。根元の石は地面からの高さが約1.7メートルで、幅3メートルほど。コケむした巨石の中央を割って、桜の根が地面に伸びている。石割桜は、盛岡市の盛岡地裁内にある国の天然記念物が有名だ。

 ふもとの米山きのこ園の嶋岡巌園長(76)によると、8年ほど前に造林用道路を切り開いた際、雑木に囲まれた石割桜が現れたため、桜の下方に道を通した。昨年7月ごろ、周囲の木を切るなどして見やすくし、最初の開花を迎えた。周辺では雪解けのころ雪割草が咲き、マンサクの花、カスミザクラが花開き、ブナが芽吹く。道は山頂のブナ林に続き、近くに「不動の滝」もある。

 柏崎きのこ研究会会長で柏崎植物研究グループ副会長の布施公幹さん(68)は、「桜の種が石の小さな割れ目に付くなどして、成長に伴い、根が石を割って伸びていったのではないか」と見ている。

(2000/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。