PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
ねんりんピックに1200人がパワー発揮

 市、市老人クラブ連合会(飛鳥井勲会長)主催の柏崎ねんりんピック大会が1日、市総合体育館で開かれた。市内各地区から約1,200人が集まり、「ともに健やかに生きる社会を目指して」のスローガンのもとで、シニア大運動会とワンバウンドバレーボール、インドアペタンクの3つの競技にパワーを発揮した。

 大会は今年で11回を数え、前身になった高齢者スポーツ大会から通算すると26回目。生涯を健康で生きがいを持ち続けたいとの願いを込め、生きがいと健康づくり推進事業に位置付けた。市制60周年記念事業の一環で、市社会福祉協議会の共催。

 午前9時半から選手たちが入場行進を開始し、今年のオリンピックにあやかって、押見武義さん(北鯖石地区)が聖火ランナーになって登場した。開会式では飛鳥井会長が「無理をせず、けがや事故のないように、くれぐれも気をつけ、ゲームを楽しんでほしい」と呼び掛け。選手代表の高橋健一さん(田尻地区)が「長い経験を生かしながら、精神的・肉体的にも全力を挙げて堂々と戦うことを誓う」と力強く宣誓した。

 引き続き、地区ごとに赤、青、黄、緑の各組に分かれ、大運動会では半田小の3年児童、半田保育園児らと一緒に、「小学生と楽しく玉入れ」「孫と一緒にボールリレー」、男女がペアになる「ラブラブゲーム」など6種目。ワンバウンドバレーはA・B各クラスに合計19チーム、ペタンクは7チームが熱戦を繰り広げた。

 成績は、大運動会が青組(比角、中通、西中通、北鯖石地区)、ワンバウンドバレーAクラスは比角A、Bクラスは比角B、ペタンクは上条やまゆりBがそれぞれ優勝した。昼休みにはシニアダンス、太極拳の披露、最後はシニアビクスを楽しみ、この日のプログラムを締めくくった。

(2000/ 6/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。