PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
「のぎく賛歌」合唱団結成

 「共に生きるコンサートイン柏崎」(同実行委員会主催)の11月開催に向け、合唱団の結団式がこのほど行われ、練習を開始した。コンサートは視覚障害と手足に障害を持つ人たちの通所施設として中蒲・横越町で開設された「のぎくの家」の願いや生活を組曲にして県内各地で歌い続け、柏崎で5回目。市制60周年の記念協賛事業になる。

 「のぎくの家」は昭和63年、県内では初めて視覚障害に知的障害・肢体不自由が重複している人たちのためにできた施設。視覚障害者による男声合唱団「どんぐり」が同じ障害者の問題としてとらえて組曲「のぎく賛歌」を作り、人間らしい充実した生活、仲間と共に生きる喜びを音楽を通して訴えてきた。

 市内では開催に当たって、「どんぐり」のメンバーでもある春川直久さんを実行委員長に、各方面の関係者で実行委員会を組織した。結団式には、市内各地で活躍する合唱団、一般の人らが参加した。あいさつに立った「合唱団こぶしの森」の入西京子さんは「『のぎく賛歌』はすばらしい組曲。曲との出合い、人とのかかわり合いなど大事に、元気に手を取り合いながら練習していきたい」と呼び掛け、練習に移った。

 コンサートは11月19日、市民会館大ホール。練習は隔週の金曜日夜。7月までは枇杷島小体育館、それ以降はエネルギーホール、市民会館大ホールで練習を進め、本番に臨む。合唱団は200人以上の規模を見込んでおり、一緒に歌ってみたい人などは市社会福祉協議会内、「共に生きるコンサートイン柏崎」実行委員会担当の地域福祉係(電話22―1411)へ。

(2000/ 6/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。