PHOTOニュース

豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)


タマネギの収穫作業を進める農家=22日、市内藤井 (2022/06/23)

>>過去記事一覧
市シルバー人材センターが創立20周年

 創立20周年を迎えた市シルバー人材センター(阪田利典理事長)が13日、産文会館で記念式典を挙げる。同センターは近年の高齢社会を先取りする形で発足し、会員の誠実な仕事ぶりで評価を集めてきた。当日はこれまでの歩みを振り返り、今後の一層の発展を誓う。

 同センターは昭和55年10月、当時、旧名称の市高齢者事業団として、年を取ってもなお、元気に働こうという人たちが集まって設立された。以来、これまでに民間企業、公共団体、一般家庭など各方面から仕事を受けて、積極的な活動に取り組んできた。62年には現在の名称に変わった。

 一方、平成6年には初めての独自事業として「刃物とぎ」、9年には「EM菌ボカシ」、今春から「チャイルドシート貸付」などをスタートさせた。さらに、今春から実施された介護保険にあわせ、県内のシルバーでは初の訪問介護事業者として県の認可を受け、サービスの提供にも取り組んでいる。

 設立当初は約200人だった会員数は年々増え、9月末現在で1350人近く。会員たちの長年培った豊かな知識と経験、ていねいな仕事ぶりが高く評価され、北信越ブロックでも屈指の実績を上げてきた。

 式典は午前11時から開かれ、阪田理事長の式辞に続いて、経過報告、協力企業と功労者に感謝状の贈呈、西川市長ら来賓の祝辞などが進められる。祝賀会があり、すべての終了は午後2時ごろ。

(2000/10/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。