PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
姥貝さんが利き酒県優勝

 全国利き酒選手権大会県代表決定大会(県酒造組合主催)がこのほど、新潟市万代のミナミプラザで開かれ、市立日吉小教諭・姥貝栄次さん(28)=柿崎町=が優勝した。これにより、来年10月に行われる全国大会への出場権を獲得した。

 県大会は今年で21回目。同組合の県内11支部の地区予選を経た22人が出場した。予選と同じく吟醸、純米、本醸造、甘口、辛口、原酒の六種類を利き分けるマッチングテストを実施した。姥貝さんはこの10月、教職員対抗で行われた同組合柏崎支部の予選で1位になり、県大会に臨んだ。

 全問正解で見事優勝を射止めた姥貝さんは「自信があったのは1種類だけ。あとはフィーリングで当たった」といまだに信じられない様子。担任を務める3年生のクラスでは「事後報告をしたら、子供たちから一斉に『エーッ』と笑われてしまった」とか。全国大会に向けて、「無理をせず体を壊さない程度に楽しんで練習したい」と話した。

(2000/11/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。