PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
賀詞交換会で市長が懸案解決など訴える

 市と柏崎商工会議所主催の新年賀詞交換会が4日、昨年完成した市民プラザで開かれ、市内各界の代表ら500人余りが出席、2002年の幕開けを祝った。

 開会に先立ち、初めて賀詞交換会の会場となった市民プラザの舞台で藤間藤三和さんが祝舞を披露。続いて主催者を代表して西川市長と松村商工会議所会頭があいさつした。その中で西川市長は「役所を変える」「懸案事項を解決する」「次の産業を育成する」「ミニ新幹線を新潟国体の年の2009年に完成させたい」の4つの目標を強調し、「自らの力で乗り切っていく年にしたい」と抱負を述べた。また松村会頭は「地域産業界の先頭に立って経済の立て直しを図りたい」とし、元気を出していくことを参加者に訴えた。

 今年は2区の近藤基彦代議士、柏崎市出身の藤島正之代議士と、本県選出の田中直紀・森裕子両参院議員も来賓として出席し、それぞれ祝辞を述べた。祝辞に続いて、西川勉県議の音頭で乾杯した。

(2002/ 1/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。