PHOTOニュース

原発事故時の避難などを巡って厳しい意見が相次いだ東京電力による住民 説明会=30日夜、産文会館 (2023/01/31)


演劇フェスで熱演する劇団フー。客席に芝居の楽しさを届けた=29日、産 文会館文化ホール (2023/01/30)


今季の営業を開始したガルルのスキー場。初滑りを楽しむ市民=27日、市 内高柳町岡野町 (2023/01/28)

>>過去記事一覧
市が廃乾電池を店頭回収

 市は、ごみの減量化・資源化を進めるため、今月から市内60店舗の協力を得て、店頭回収による廃乾電池のリサイクルをスタートさせた。 

 市では、限りある資源を大切に使い、使い終わったものを資源として繰り返し使う「循環型社会」の形成を目指しており、これまでにもスーパーなどで牛乳パック、食品トレーなどの店頭回収を行ってきた。新たに回収を開始した廃乾電池のリサイクルもその一環だ。

 店頭回収の対象は、市が現在収集している廃乾電池と同じく、アルカリ電池、マンガン電池の2種類。これにより、鉄や亜鉛、マンガンの再資源化をはじめ、不燃ごみの埋め立て量の削減、最終処分場排水への金属類の溶出量の低減につながるとした。

 市では、「廃乾電池の店頭回収を行っている店舗には『のぼり』『ステッカー』の表示があるので、目印にしてほしい」としており、市民、事業者、行政が一体になった取り組みを展開していくため、さらに協力店を募集中だ。問い合わせは市環境政策課(電話21―2265)へ。

(2002/10/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。