PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
芸協が16日に「潮の音フェスタ」

 柏崎芸術協会(曽田信英委員長)が16日、市民会館大ホールで「潮の音フェスタ・インかしわざき」の第1弾として津軽三味線の「一大・典美with363バンドコンサート」を開く。3年後の創立45周年に向けた準備音楽会ともなるもので、柏崎からの音楽発信を目指す。

 柏崎芸協では過去8回にわたり、海岸公園の野外ステージなどでサマーフェスティバルを開いた。1980年を最後にするまで、毎年数1,000人規模の観客を動員してきた。こうした歴史を踏まえて、「潮の音フェスタ」は2005年の創立45周年に向け、市民参加、全国発信のイベントとして企画した。

 出演の一大・典美さんは2002年のワールドカップサッカー決勝戦前夜祭にも出演した福居姉弟(姉・典美、弟・一大)。姉は日本民謡協会主催の津軽三味線全国大会で準優勝、弟は3代チャンピオンに輝いた。これまでに幅広いジャンル、海外アーティストとのコラボレーションも経験している実力派だ。「363バンド」とは2人の身長の合計から名付けられた。

 開演は午後6時半。出演は福居姉弟をメーンに、津軽民謡の内山みゆきさん、尺八の山本龍さん、和太鼓の高篠雅也さん、はなし家の林家錦平さんのユニット。入場料は指定席が3,300円、自由席が3,000円(当日はいずれも500円増)。チケットは市民会館、柏崎芸協事務局で取り扱い中。詳しい問い合わせは潮の音フェスタ実行委員会(電話22―5898)。後援は市観光レクリエーション振興公社、柏崎日報社ほか。

(2002/11/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。