PHOTOニュース

原発事故時の避難などを巡って厳しい意見が相次いだ東京電力による住民 説明会=30日夜、産文会館 (2023/01/31)


演劇フェスで熱演する劇団フー。客席に芝居の楽しさを届けた=29日、産 文会館文化ホール (2023/01/30)


今季の営業を開始したガルルのスキー場。初滑りを楽しむ市民=27日、市 内高柳町岡野町 (2023/01/28)

>>過去記事一覧
高卒者就職内定率が最悪の49%

 柏崎公共職業安定所(金子勝所長)のまとめによると、来春管内の高校を卒業する就職希望者の内定率(10月末時点)は49.2%で前年同期より5.2ポイント低下し、5割を下回る過去最悪の水準となった。男子は57.9%と0.9ポイント微増なのに対し、女子は37.3%で14.3ポイントの大幅減。県平均は49.4%で、月別調査を始めた1971年以降初めて5割を下回り、同じく過去最悪を記録した。

 10月末で求職者は前年より64人少ない197人。内定者は97人。このうち、管内企業への内定は57人、管内就職率は58.8%で前年より1.8ポイント増。県内就職は長岡12人、新潟8人など24人で全体の25%。県外へは前年より4人少ない16人。管外からの受け入れは上越5人、小千谷2人など10人だ。

 求人倍率はほぼ前年並みの1.56倍。一般雇用情勢が低迷する中、新規学卒者の求人も前年より21%少ない308人。管内求人は前年より19%減り135人、県内は32人でほぼ半減した。業種別では金属機械を除く製造業が65%減、販売が53%減など大きく落ち込んだ。

 県内求人の低調さから県、新潟労働局などは8月に事業所、事業主団体に早期求人、雇用拡大を呼び掛ける要請文を届けた。柏崎職安では10月から生徒の個別相談を始め、本人の就職意識、希望職種などを固めながら、事業所訪問で求人開拓に努めている。

(2002/11/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。