PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
市内海水浴場の合同海開き

 柏崎観光産業振興協会(土田新吾会長)の主催で6日、中央海岸・みなとまち海浜公園を会場に、市内12の海水浴場の合同海開きを兼ねた安全祈願祭が行われた。

 梅雨の合間の暑い日差しが照りつける中、近藤基彦代議士はじめ大勢の来賓と関係者が参列。玉田繁石井神社宮司のもとで今年の海の安全と、にぎわいを祈願した。

 神事の後、土田会長は「観光も不況で打撃を受けている」としながらも、柏崎のライフセーバーの2人が講習会の講師の資格を得たとして「これからは水の安全は柏崎を中心とした展開になるだろう」とあいさつ。さらに「グアム政府との友好関係を通じてマリンスポーツでの交流を深める機会を持ちたい」とした。8月に市内で行われるジェットスポーツ全日本選手権にもグアム出身の世界チャンピオンを招へいする予定だ。

 来賓を代表して安達市助役は「柏崎の知名度は上がっているので、温かい接客でさらに評価を高めてほしい」と関係者に訴えた。

(2003/ 7/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。