PHOTOニュース

豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)


タマネギの収穫作業を進める農家=22日、市内藤井 (2022/06/23)

>>過去記事一覧
シニア登山愛好会が今年の山行計画決める

 柏崎シニア登山愛好会(三井田徳之助会長、会員数210人)が14日、市民会館会議室で総会を開き、今年の計画を決めた。会場には会旗、スローガンが掲げられ、本格的な山行シーズンを前に、会員たちは大張り切りだった。

 同会は中・高年の登山好きな人たちが集まって、心のよりどころ、登山の喜びを共有する場をつくろうと1998年に発足した。今では発足当初の会員数の3倍以上。出席者ぎっしりの会場には「明るく仲よく力いっぱい」のスローガンが張られた。三井田会長はあいさつで「年を取ると、足が大事。そのためにも山行はよいことだ。いつまでも足を衰えさせないようにしていきたい」と述べた。

 議事では、勤めの有無などで日曜組・木曜組の2班に分けたメーンの山として4月の坂戸山を皮切りに、11月の大蔵山まで毎月1回の山行を決めた。健脚のためのスペシャルの山として、会津駒ケ岳、甲斐駒岳と仙丈岳など。登山をゆっくり楽しみたいという人のために、浅間隠山、太郎山など楽ちんな山≠煬v画した。

 同会への入会申し込み、問い合わせは三井田会長(電話22-2442)へ。

(2004/ 3/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。