PHOTOニュース

豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)


タマネギの収穫作業を進める農家=22日、市内藤井 (2022/06/23)

>>過去記事一覧
潮風公園で「小さな森」目指し植樹

 柏崎植物研究グループ(相沢陽一会長、会員数約50人)が27日、潮風公園で、海岸に育つ樹木の苗木百本を植えた。同グループが小さな森づくり活動として取り組んだもので、参加者は春の日差しを浴びながら、ていねいに植え込んだ。

 植えたのは、常緑広葉樹のタブノキ80本、シイ20本でいずれも高さ約60センチの苗木。これらはかつて、柏崎の海岸地域に自生していた樹木だが、今ではタブノキは笠島、米山に、シイは石地などに見られるだけとなった。このため、同グループは同公園の松がなくなった場所などを利用して、海岸特有の樹木による小さな森をつ くろうと計画した。

 親子で参加した市内栄町、吉田美保子さん(30は「こうした植樹はめったにない機会。参加してよかった。子供たちとともに、樹木がすくすく育ってほしい」と願い、柏崎小2年の多絵さんは「早く大きくなるといいね」、もうすぐ新1年生になる輝君は「楽しかった。根も張って伸びてほしい」と笑顔で話した。

 相沢会長は「子供たちが喜んで植樹に参加してくれてよかった。大きくなるころには、立派な林になってくれることだろう。小さな林が出来ることで、変化に富んだ公園になるだろう」と期待を寄せた。

(2004/ 3/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。